病院

中絶手術について知っておこう|悲しい選択

このエントリーをはてなブックマークに追加

必要な情報を集めよう

医者

母体を守るために設定された母体保護法により、妊娠中絶は22週目までに行うとしています。望まないなら早めの決断が母体への負担を軽くしますし、その際も東京のように玉石混交になりがちな街では、きちんと母体保護法指定医を探すことが重要な注意点となります。

Read More..

手術前に知っておくべき事

ドクター

手術できる期間

家庭の事情や経済的な理由、年齢的なこと、望んでいた妊娠ではなかったなど、様々な理由から、妊娠を続けていく事が難しくなってしまう場合があります。中絶手術をする事は、肉体的にも精神的にもかなりのダメージがあり、なかなかすぐには決断できない場合が多いでしょう。しかしじっくり時間をかけて決断をしたくても、中絶手術が出来る期間は限られてきています。ですので中絶を考えているなら、早めの決断が必要になります。中絶手術が可能な期間としては、母体保護法というもので定められていて、妊娠22週未満とされています。というのもこの期間を過ぎてからの中絶手術は、倫理的な問題プラス母体に掛かる負担が大きいということから、禁止されています。

手術の注意点

いざ中絶手術を受けようとしても、どこの産婦人科でも受け入れられる訳ではありません。これも母体保護法によって、手術を行うことが出来る医師を指定医として定めており、各都道府県の医師会が指定します。病院選びのポイントとしては、中絶手術後にも通院が必要となる場合があるので、家から近い方が良いでしょう。万が一入院が必要となってしまった場合でも、家族のサポートを受けやすいです。中絶手術というと、術中や術後の痛みが心配でしょう。初期の中絶手術では、膣に器具を入れるのですが、麻酔をしているのでほとんど痛みはないと言えます。しかし麻酔が溶けてしまった後は、一時的な子宮の伸縮の痛みがある場合もあります。個人差はあるようですが、術後痛みや出血がある場合があるので、注意が必要です。

望まない妊娠

悩む女性

中絶というものは出産同様で心身共にそれなりのリスクと覚悟は必要になります。大阪で妊娠中絶を希望される人がいましたら、中絶をする病院選びには慎重に探すようにして下さい。無理なく通える病院を見つけだすようにしましょう。

Read More..

妊娠を望まないケース

看護師

妊娠中絶を大阪で検討している方は安易に病院を決めるのではなく、女性の体に負担がかかりますので、パートナーとよく相談することも大切です。大阪周辺の病院探しをするなら、精神的にストレスを感じない通いやすい事を考慮に入れてください。

Read More..